Fan meeting ファンミーティング Fan meeting ファンミーティング

108

グリコクラブのオリジナルグッズ製作ファンミーティング

Glico Co-creation Project(GCP)の第二弾を実施しました!

グリコクラブでは、前回行った第一弾と同様に会員の皆様と一緒にGlicoのオリジナルグッズを製作するファンミーティング第二弾を実施致しました。このプロジェクトにご参加頂いたのは、多数の応募の中から当選された会員の皆様です。2019年7月から10月にかけて、全3回で行われたこのプロジェクトの様子をレポート致します。

第一弾の様子はこちらから

第一回 プロジェクト会議 in本社
まずは作りたいもののアイデアラッシュ

第一回目の会場となったのは、大阪市西淀川区のGlico本社です。最初は、皆さん初対面ということもあり、今回の意気込みや好きなGlico商品などを交えながら自己紹介を行いました。

前回もそうでしたが、私たちの想像を上回るGlicoへの想いにただただ感動するばかりです。なかには商品を使ったオリジナルの携帯ケースやストラップを作ってお持ちくださった方もおられ、そのクオリティの高さに歓声が沸き起こりました。

自己紹介を終えたところで、オリジナルグッズ製作ファンミーティング“第一弾”の「グリコクラブオリジナルポーチ」の取り組みを振り返りました。前回よりも今回はさらによりよい商品を目指そうと皆さんで約束しました。

そのあとは江崎記念館を見学して頂きました。Glicoの創業者・江崎利一の残した足跡や創意工夫の数々を映像で学び、過去の看板やCM、歴代のおもちゃなどGlicoの長い歴史を振り返りました。

そして、いよいよ今回作るグッズを決めるミーティングが始まりました。限られた時間や予算のなか、とにかく作りたい物をどんどん付箋に書き留めていきました。前回を超えるような勢いでいろんなアイデアが付箋の数だけ生まれました。

最終的にはグッズ候補を7、8点までに絞り、第一回のミーティングは閉会となりました。次回のミーティングでそれらのサンプルを実際にみてグッズを決定します。

第二回 プロジェクト会議 in梅田
グッズ決定とデザインのプレゼンテーション

約一か月後の8月初旬、今度はGlico梅田オフィスにて二回目のミーティングが行われました。今回は前回上がったアイデアの中から最終的に作るものをひとつに決定し、さらにデザインを考えるところまでがゴールです

まずは、前回最終候補に挙がったグッズから、実際制作可能なサンプルを数点ご紹介し、候補を絞ります。

候補のグッズは、カフェボウルや目覚まし時計、腕時計にエコバック・リュック・クッションなど。オリジナルデザインができる箇所や制作方法を確認しながらみんなで作りたい物をひとつに絞っていきます。

そして、それぞれの商品を全て手にとり確認していただいたところで、欲しいと思うグッズに挙手をお願いしました。

今回は、さほど意見が割れることなくすんなりと「目覚まし時計」に決定となりました。

次は目覚まし時計の文字盤のデザインを考えて頂きました。

「私は絵を描くのが苦手で〜」と周りに話しつつも、みなさんすらすら筆が進みます。実際にペンを持つと創作意欲がわいてくる方もいらっしゃるようです。

最後にそれぞれのデザインを手にしながら、前回同様のプレゼン大会です。皆さんGlico商品を中心に“Glicoらしい”デザインを考えてくださり、どなたのプレゼンも素晴らしい内容でした。
そして、皆さんのデザインの中から多数決で3つのデザイン案まで絞り込みました。

そのデザイン案をもとに、作られたのがこちらになります。

A案

Glicoのコーポレートカラーの赤を基調としたデザイン。文字盤の数字をお菓子で表現。

B案

グラデーションの虹色を背景に。3時はおやつ、6時はディナーなどのアイコンがポイント。

C案

さわやかな青空と白い雲の上にGlicoのお菓子がふわふわと揺れているデザイン。

この3案から1つに決定するにあたり、グリコクラブで他会員の皆様にもご投票頂きました!ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!

第三回 プロジェクト会議 in梅田
グッズお披露目&撮影会+食品ロスの学び

第三回目は、投票期間や商品制作を考えて10月に行いました。今回は、ネット投票の結果を受けた報告とともにグッズのお披露目です。
投票の結果、A案1532票、B案1041票、C案375票ということでA案に決定しました。やはりGlicoのコーポレートカラーである赤が大きなポイントとなったようです。

投票の結果報告後、ついにお披露目です。メンバーの方の目の前に置かれた箱からグッズを取り出し品評会が始まります。前回のお披露目でもそうなのですが、実は私たちはこの瞬間が一番緊張します。「喜んでいただけるかな?」「曇った顔をされたらどうしよう」など箱を開けるギリギリまで不安でいっぱいなのです。

グッズを手にした瞬間、「かわいい!」「嬉しい!」とあちこちから歓喜の声が上がりました。と同時に私たちもほっと胸をなでおろします。実際の商品は画像で見ているよりはるかに良いもので、皆さんも想像以上だったとの事。喜びの笑顔を見ているとやっぱりこの企画をやって良かったなと改めて感じました。

そのあとは、グッズの撮影会を実施するのですが、その前にいつも撮影してくれている担当カメラマンからスマートフォンでも上手に撮れる方法を、レクチャーしていただきました。

約15分ほどの講義を受けたあとは、各々のカメラやスマホで撮影会がスタート。会議室内にあるGlico商品を上手に利用して何度も何度も繰り返し撮影です。自分たちで意見を出し合って作ったグッズは愛着が沸くため、撮影も真剣そのものです。

最後に、商品のお披露目&撮影会とは別に、ファンのみなさまに特別な講義を用意しました。それは、近年問題となっている「食品ロス」。飲食業等ではもちろんですが、各家庭での食べ残し、直接破棄など多くの食品ロスが問題となっています。現在Glicoでは、賞味期限の延長やフードバンクの活用、残り物を使ったレシピの啓発など少しでも食品ロスをなくすための取組みを行っています。そういった活動を報告するとともに、今回は“冷蔵庫にある残り物“とGlico商品を使って簡単に美味しくできるお料理を試食いただきました。

「美味しいしこれなら手軽にできそう」、「すぐにもチャレンジしてみたいね」と嬉しい声が上がり、皆さん満足の様子です。今後もGlicoはこういった活動を積極的に行っていく予定です。

最後は、今回の目覚まし時計を手に記念撮影です。

約4か月に渡り続いたファンとの共創プロジェクト第二弾。今回もとても良い商品が誕生し、会員様と楽しい時間を過ごせた事をスタッフ一同喜んでいます。私たちは今後もファンの方とGlicoの想いを共有し、様々な活動を行っていきたいと思っています。今後とも是非よろしくお願いいたします。

ファンミーティングトップヘ 次へ

この記事にコメントする

コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

この記事に関するみなさんからのコメント

  • こみちゃんさん

    色々なイベントを開催していますね
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • いもじろうさん

    色んな地域でイベント開催されるといいですね。
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • はるはるさん

    参加してみたいです!
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • マリンロズさん

    参加してみたい。北陸の金沢での開催は無理でしょうね。
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • へっとみさん

    素敵な会ですね。参加してみたい・・参加希望です。名古屋・岐阜・滋賀県での開催お願いします。Glicoの赤を基調としたデザインがGlicoらしい。文字盤がお菓子いいね。
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • グリコのお菓子大好きさん

    とても楽しそうでいいな~と思いました!
    素敵なオリジナルグッズを制作していただいたので、ぜひ当てたいです♪
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • 弁慶さん

    わいわい、がやがやと言いながら、楽しく、皆さんで一つのものを作り上げる素敵な会ですね。
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • うにゃみさん

    参加して楽しさを共有したいです!
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • ばいこさん

    楽しそうなので参加してみたいです。
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。

  • あらまほさん

    最高に素敵❗😄みなさんの努力に感服❗😄
    返信 0

    コメント投稿には、グリコクラブへのログインが必要です。